11月 17 2010

アリゾナ州の楽園、スコッツデール

Scottsdale in AZ, USA

アリゾナといえば砂漠。砂漠といえばサボテン。それからグランドキャニオンをはじめとした国立公園の集中地帯、ということくらいしか思い浮かばなかったんですが、こんなゴージャスな場所まであったとは驚きました。

アリゾナ州スコッツデール (Scottsdale)、まるでチチンプイプイと魔法をかけて誕生したような砂漠の中の緑豊かな高級リゾート&住宅地。よく手入れされたヤシの木やサボテンが道路を飾り、ゴミ一つおちてないような清潔感ただよう空間が広がり、そこには同系色で統一された建物とゴージャスな高級ホテルが彩をそえ、その向こうには山脈の堂々たる姿が横たわる。とにかく細部にまでこだわった街並は美しく、そして実にエレガント。そんな街並が真夏のようなキラキラした太陽と澄み切った青空の下に存在するんですからまさに「地上の楽園」です。

フェニックスと隣接するこのスコッツデール、ゴルフの「フェニックス・オープン」の場所ということでしかその名を耳にしたことがありませんでしたが、ゴルフ好きの旦那さんがアリゾナならスコッツデールにという希望もあり滞在場所として選びました。まさにゴルフ好きにはたまらないゴルフ天国の地であり、私にとっては嬉しいスパ天国でもあり、加えてお買い物天国でもあるスコッツデール。「住むように暮らす」にはなんだか非現実的な夢の国みたいな世界ですが、旅ならこんな感じもありかなと、こうなったらとことこん「楽園」の住人になりすましてみたいと思います。それにしても歩いてる女性がみな美しいなぁ。なんだかこちらまで背筋がピンとなる感じです。

——昼下がりのスターバックスにて

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 旅行, アメリカの旅 | コメントする